• 旭川荘のおすすめ製品カタログサイト
  • お知らせ
  • イベント情報
  • 研修・セミナー
  • ボランティア募集
  • 製品情報
  • その他

TOP > 旭川荘の概要 > 事業報告

事業報告


  平成27年度事業報告の概要

1.法人本部

  • (1) 旭川荘創立60周年記念事業の実施
  •   ・記念式典の開催(11月、400名参加)
  •   ・「悠久の庭」整備(先人顕彰碑、設立趣意書及び沿革の碑、香淳皇后御歌碑)
  •    (9月竣工式、80名参加)
  •   ・写真集「旭川荘ものがたり」発行(11月)
  • (2) 江草名誉理事長の追悼行事
  •   ・「お別れの会」の開催(4月、1,600名)
  •   ・追悼写真展の開催  資料館( 6月〜 7月 950名、真庭市 9月〜10月 400名、
  •                 笠岡市 10月 426名)
  •   ・追悼講演会の開催(7月、さん太ホール250名)
  •   ・「江草安彦を語る」及び「江草安彦伝」の出版(協力)(H28年3月)
  • (3) 経営基盤の安定対策
  •    調整額等の見直しによる人件費の適正化、施設整備積立金の積増し
  • (4) 他団体との人事交流
  •    総社市、全国社会福祉協議会、(福)みその児童福祉会

2.安全対策の実施

  • (1) 防災訓練の実施
  •   ・水防訓練 (ひらた支部 7月、祇園地区 7月、愛媛支部 7月)
  •   ・地震防災訓練 (祇園地区10月、愛媛支部H28年2月、備前支部11月)
  •   ・土砂災害を想定した防災訓練 (備中支部 9月)
  • (2) 東北被災者支援のための看護師の派遣(福島県南相馬市 4月〜H28年3月延4人)
  •   

3.障害福祉分野

  • (1) 旭川学園の建替(8月完成、9月竣工式80名参加)
  • (2) いづみ寮の耐震化建替(個室・ユニット化)(第1期工事H28年3月完成)
  • (3) 多機能型施設「あおば」4月事業開始(わかば青年寮とみどりワークセンターの統合)
  • (4) いんべ通園センターの「短期入所棟」の整備(H28年2月完成)
  • (5) 就労支援事業における特色ある製品づくりと販路開拓等
  •   マンゴー栽培の拡充(34株)(せとうち旭川荘)、夏秋トマト耕作面積の拡張(5a)、
  •   りんごジャム及び「りんご材はんこ」の商品化、地域住民への日用品配達サービス
  •    (望の丘ワークセンター)、ペットフードの製造(わかば寮)
  • (6) わかくさ学園いちごの「児童発達支援センター」への移行(12月)
  • (7) ぎおんハイツの事業廃止(H28年3月)

4.高齢福祉分野

  • (1) 多職種協働による看取りへの積極的な取組み(旭川敬老園 20名)(ひだまり苑 10名)
  • (2) 各事業所・医療機関との連携による「地域包括ケアサービス」の充実(ひだまり苑)
  • (3) 「訪問看護ステーション旭川荘」に「訪問看護ステーション結びの杜」を統合
  •    (「結びの杜」をサテライト化)(4月)
  • (4) 特殊浴槽を活用した重度の利用者の受入促進(デイサービスセンター敬老園
  •   延べ1,441名)

5.児童福祉分野

  • (1) 旭川乳児院の耐震化建替の準備(H28年6月着工予定)
  • (2) テレビ電話等の活用による家族とのコミュニケーションの強化(津島児童学院 13名)
  • (3) 学童保育利用児の対象年齢引上げ(さくら児童館 月平均435名)
  • (4) 世代を超えた交流行事、育児相談等の実施(三世代交流センター)(延利用者2,474名)
  •    いも苗の植付け(5月)、おたのしみ会(6月、8月)、わらべ歌遊び(7月)等

6.医療福祉分野

  • (1) ポストNICU病棟への積極的受入(旭川荘療育・医療センターH28年3月末現在 12名)
  • (2) 地域に密着した在宅訪問歯科診療の充実(川上診療所 1,134件)
  • (3) 「吃音外来」の実施(南愛媛病院 8月〜16件)
  • (4) 訪問リハビリテーションサービスの実施(北宇和病院 1,088件)
  • (5) 障害児者の地域生活支援のため相談事業強化(南愛媛療育センター 2,623件)
  • (6) 指定管理継続について鬼北町との協議(北宇和病院 H28年4月〜5年間延長)
  • (7) 備中診療所及び平川出張診療所の指定管理の辞退(H28年3月)
  • (8) 発達障害児の家族向け研修会開催(旭川荘療育・医療センター 11回 延361名参加)

7.教育・研修分野

  • (1) 職員研修の充実
  •    障害医療福祉セミナー(8月、旭川荘内外から160名)、新任者研修(2回)、
  •    主任研修(2回)、管理監督者研修(9月)、職能別研修(看護、介護、リハビリ)、
  •    テーマ別研修(2回)、個別支援計画学習会(10月末)等
  • (2) 厚生専門学院吉井川キャンパスを学校法人旭川荘へ移管(4月)
  • (3) 総合研究所の活性化
  •   ・講演会の開催(3回 延355名)
  •   ・医療福祉学会の開催(12月 研究発表、特別講演会等)

8.国際交流分野

  • (1) 海外研修生・視察団の受入(上海市2回11名、韓国1回9名、ドイツ1回14名、
  •   ミヤンマー1回2名)
  • (2) 「旭川荘国際交流35年の歩み」の発刊(5月)
  • (3) 「高齢者介護の基礎講座」中国語版の刊行(4月)

9.地域公益活動

  • (1) 中山間地の経済的困窮者や社会的孤立者に対し、状況悪化時の搬送及び見守り等の
  •   必要な医療機会の提供(川上診療所 9件)
  • (2) 「健康づくり講演会」(3回 延195名)、「鬼北町の医療と介護の未来を考えるシンポジウム」
  •   (H28年2月 200名)の開催(愛媛支部)
  • (3) 小学生の結び織り「ワークショップ」(8月 4回 アトリエ夢工房)
  •   小学生「福祉体験バス」(8月 親子17名参加)

10.その他

  • (1) 旭川荘ミュージックアカデミーの活動(毎週土曜日)
  • (2) 健康・生きがい学会においてミニオペラの公演(11月 川崎医療福祉大学)
  • (3)「旭川荘アートギャラリー」作品の移動展示
  •    (トマト銀行、旭東病院、中国銀行、県庁等 8か所)
  • (4) 障害者スポーツの振興
  •    ティーボール西日本交歓大会(11月)、ボッチャ交流大会(11月)の開催、
  •    全国障害者スポーツ大会への参加(陸上競技、ソフトボール、卓球 10月)
  • (5) 環境福祉への取り組み
  •    第8回環境福祉フェアの開催(結びの杜 10月 1,800名)、
  •    太陽光発電の導入(かわかみ地域生活ホーム)、みどりのカーテンづくり等

  • 《参考》

          
    施設等の状況(平成28年4月1日現在)
          
    1 施設数及び利用定員
        区   分   施設数  利用定員(人)
       障害福祉分野    63     1,172人
       高齢福祉分野     8       352人
       児童福祉分野     3       116人
       医療福祉分野     8       689人
       教育・研修分野    3         −
         合  計      85      2,329人
       ※障害福祉分野 39のグループホーム(定員167人)を含む
          
    2 職員数の状況
        2,230人(臨時職員を含む)