• 旭川荘のおすすめ製品カタログサイト
  • お知らせ
  • イベント情報
  • 研修・セミナー
  • ボランティア募集
  • 製品情報
  • その他

TOP > 旭川荘の概要 > 事業報告

事業報告


  平成29年度事業報告の概要

 

  T 主要事業

1.法人本部

  • (1) 社会福祉法人制度改革への対応
  •   1.経営組織のの見直し
  •     ・新理事(36名から15名)、監事(3名)及び会計監査人の選任(6月)
  •   2.財務規律の強化
  •     ・役員報酬基準の制定、社会福祉充実残額の算定等
  •   3.ガバナンスの強化
  •     ・業務執行理事制度の導入(6月)
  •     ・内部管理体制の基本方針の制定(5月)及び監査室設置(6月)
  •   4.事業運営の透明性の向上
  •     ・旭川荘ホームページに、定款や役員名簿など7項目の情報を公開
  • (2) 安定した経営基盤の確立等
  •     ・「旭川荘10か年計画」の策定(5月)
  •     ・施設整備等積立金の増額
  •     ・人事評価制度の試行実施
  • (3) 全国福祉村サミットの開催(11月、参加法人15法人、参加者170人)

2.安全対策の実施

  • (1) 防災訓練の実施
  •   ・水防訓練 祇園地区、ひらた支部(6月)
  •   ・地震訓練 祇園地区(11月)
  •   ・地域との連携による防災訓練 祇園地区、備中支部(9月)
  • (2) 福祉避難所の運営マニュアルの策定(3施設)
  • (3)大規模災害に対応する「事業継続計画(BCP)」の策定(各施設)
  • (4)非常通報装置を活用した防犯訓練の実施
  •    たかはし障害者支援センター(4月)、かわかみ療護園(5月)、
  •    せとうち旭川荘(6月)、望の丘ワークセンター(7月)、
  •    真庭地域センター(11月)、結びの杜ホーム(30年2月)
  • (5) 防犯カメラ等の整備(平成30年3月末時点)
  •    防犯カメラ(70台、22施設)、非常通報装置(9施設)、
  •    刺股(62本、33施設)

3.障害福祉分野

  • (1) いづみ寮の耐震化建替(個室・ユニット化)(5月竣工式)
  • (2) 竜ノ口寮の耐震化建替T期工事(30年3月完成)
  • (3)「カレッジ旭川荘」開設(4月開校式、10名)
  • (4) 自立訓練(機能訓練)事業の開始(のぞみ寮、4月〜6名)
  • (5) 発達障害者支援事業の充実
  •   ・発達障害者支援キーパーソン養成講座(基礎講座2回、79名)
  •   ・乳幼児期支援のための研修会の開催(12月、60名)
  • (6) 地域生活支援拠点事業の開始
  •   (旭川児童院、10月〜相談件数11件(夜間8件、休日3件))
  • (7) 就労支援事業における製品の販路開拓
  •   ・瀬戸内市民図書館内のカフェスペースでの共同販売(4月〜せとうち旭川荘)
  •   ・「後楽の森と川パークマーケット」に6施設出店(5月、岡山市石山公園)
  •   ・「ノウフク野外マルシェ」に9施設出店(6月、11月、岡山駅東口駅前広場)
  •   ・「あいサポートフェスタ」に8施設出店(11月、イオンモール岡山)
  •   ・「招き猫美術館」(岡山市北区金山寺)で2施設販売開始(12月〜)

4.高齢福祉分野

  • (1) 常勤医師配置による医療体制の強化(旭川敬老園、4月〜)
  • (2) 多職種協働による看取りへの積極的な取組みと家族支援(ひだまり苑、12件)
  • (3) 各事業所・医療機関との連携による地域包括ケアの推進
  •    (川上医療センター、128回)
  • (4)「介護予防・日常生活支援総合事業」の実施
  •    (総合在宅支援センター、くわのみどりの家、4月〜)
  • (5) 共用型デイサービスの実施(グループホームよしい川、7月〜延191名)

5.児童福祉分野

  • (1)ユニット形式の小規模グループケアの実施(旭川乳児院、4月〜)
  • (2) 障害児対応保育所「ひらたえがお保育園」(仮称)の開設準備
  • (3)診断前の年少児の支援(児童院通園センター、4月〜延べ69名)
  • (4)医療的ケア児の積極的な受入(旭川乳児院、4月〜2名)

6.医療福祉分野

  • (1) 電子カルテ・調剤支援システムの導入(療育・医療センター、11月〜稼働)
  • (2) 障害児側弯外来の開設(旭川療育園、4月〜25名)
  • (3) 児童院通園センターに肢体不自由児を受入(4月〜7名)
  • (4) 重症心身障害者の芸術文化活動「カルチャープラザ」の充実
  •    (旭川児童院 新たに4講座開設、4月〜延べ478名)
  • (5) 南愛媛療育センターの耐震化建替の準備
  • (6) 北宇和病院及び南愛媛病院の病院機能の再編に向けた準備
  • (7) 「吃音相談外来」の充実(南愛媛病院、4月〜19名)
  • (8) 難病患者のレスパイト受入など在宅生活の支援(北宇和病院、2名)

7.教育・研修分野

  • (1) 職員研修の充実
  •   ・第1回「敬愛塾」の開講(10月、353名)
  •   ・第50回旭川荘障害医療福祉セミナー(8月、 荘内外209名)
  •   ・次世代幹部職員研修(9月、愛媛県鬼北町)
  •   ・新任職員研修等階層別、職能別、テーマ別研修(計6回)
  • (2) 総合研究所の活性化
  •   ・ダウン症者の認知症に関する研究
  •   ・英国ナイチンゲール看護研修団及びドイツ訪問調査団の派遣(30年2月)
  •   ・第35回旭川荘医療福祉学会記念講演(12月)

8.国際交流分野

  • (1) 海外視察団の受入れ(上海市12名、インドネシア1名、ベトナム10名、
  •   タイ45名)
  • (2) 中国語版「介護教科書」を上海市で出版(記念式典、7月)
  • (3) 東アジア留学生への支援
  •   ・ベトナム人2名を正職員として採用(30年4月)
  •   ・奨学金制度を創設し、ミャンマー人2名、ベトナム人2名の受入れ支援
     

9.文化芸術・スポーツ活動動

  • (1) 旭川荘ミュージックアカデミーの活動
  •   ・全国特別支援学級設置学校長協会「第54回全国研究協議会岡山大会」
  •   において演奏(8月、岡山コンベンションセンター)
  • (2) 旭川荘アートギャラリーの活動
  •   ・山陽新聞社会事業団創立70周年記念「きらぼし★アート展」出展
  •                      (4月、山陽新聞社さん太ギャラリー)
  •   ・アートプロジェクト「TURN」事業への出展(8月、東京都美術館)
  •   ・日仏障害者の文化芸術国際交流事業(ナントプロジェクト)への参加の
  •    ための事前視察(10月)
  •   ・作品の移動展示
  •      (県庁、中国銀行、トマト銀行、みずほ証券、三井住友信託銀行等)
  • (3) 「グラチア瀧井アート基金」による永年勤続者の「夏目漱石生誕150周年
  •    記念音楽会」への参加(10月、東京文化会館)
  • (4) 障害者スポーツの振興
  •   第7回西日本ティーボール交歓大会(10月)、第8回ボッチャ交流大会
  •   (11月)の開催、全国障害者スポーツ大会への参加(10月、愛媛県)
     

10.地域公益活動

  • (1) 中山間地の経済的困窮者や社会的孤立者に対する状態悪化時の搬送及び
  •   見守り等の支援(川上診療所、45件)
  • (2) 診断前乳幼児の親子交流・子育て相談を行う「さくらぽかぽか広場」(岡山市事業)
  •   への協力(さくら児童館、15回)
  • (3) 第55回「健康づくり講演会」(愛媛支部 9月、102名)
  • (4) 第6回「小学生福祉体験バス」の実施(8月、親子15名参加)
  • (5) 地域住民を招待した「ディナーショーin療護園」の開催(6月、かわかみ療護園)

11.環境福祉への取組み

  • (1) 第10回環境福祉フェアの開催(10月 、結びの杜)
  • (2)みどりのカーテンづくり(各施設)
  • (3) 旭川周辺の清掃活動(あおば、毎月1回)、中原川の美化活動
  •   (デイセンターあかしや等)及び沿道へのプランター設置(松山ワークセンター)
        

    U 内部管理体制

  • 1 基本方針の制定(5月25日理事会)
  • 2 運用状況の概要
  •   経営に関する管理体制、リスク管理に関する体制、コンプライアンスに
  •   関する管理体制及び監査環境の整備に努めた。

 


    《参考》

    旭川荘の現況(平成30年4月1日現在)
    1 施設数及び利用定員
        区   分   施設数  利用定員(人)
       障害福祉分野    63     1,174人
       高齢福祉分野     8       347人
       児童福祉分野     4       105人
       医療福祉分野     8       693人
       教育・研修分野    3      −
        合  計     86     2,319人
       ※障害福祉分野 37のグループホーム(定員166人)を含む
    2 職員数の状況
        2,127人(臨時職員を含む)