• 旭川荘のおすすめ製品カタログサイト
  • お知らせ
  • イベント情報
  • 研修・セミナー
  • ボランティア募集
  • 製品情報
  • その他

TOP > 旭川荘の概要 > 事業報告

事業報告


  令和2年度事業報告の概要

 

  T 主要事業

1. 法人本部

  • (1) 法人の経営組織のガバナンスの強化等
  •   1.経営組織のガバナンスの強化
  •     ・評議員会、理事会及び地域運営協議会の適切な運営
  •     ・業務執行理事体制による法人運営の推進
  •     ・監査室による内部監査の実施
  •   2.事業運営の透明性の向上(財務諸表等のホームページ掲載等)
  • (2) 安定した経営基盤の確立等
  •     ・旭川荘の持続可能性を高めるための経営分析・改善体制の強化の検討を
  •      行う経営企画会議の設置・運用、人事評価制度の本格実施、記録業務の
  •      効率化のためのICTの導入促進、働き方改革への対応

2. 新型コロナウイルス感染症への対応

  • (1) 旭川荘対策本部による感染情報の収集・提供、助言・指導
  • (2) 「旭川荘の対応方針」の策定による統一的な感染防止対策の徹底
  • (3) 各施設における対応
  •   ・居室等の換気、消毒、マスクの着用、手洗い・手指消毒、検温等
  •    健康チェックの徹底、食事・入浴介助時の工夫、送迎時の配慮
  •   ・タブレット等の利用によるオンライン面会
  •   ・会議の開催方法の工夫、事務室の分離、テレワークの実施
  • (4) 楽しみながら感染防止意識を高める
  •   「コロナに負けるな!福ねこ絵付けプロジェクト」の実施
  •   (21施設 応募点数352点)

3. 安全・防災

  • (1)減災対策の実施
  •  新型コロナウイルス感染防止を踏まえた防災訓練
  •   ・ひらた支部
  •    (6月24日 消火器訓練のみ実施、3月3日 地震訓練及び消火器訓練の実施)
  •   ・備前支部
  •    (7月14日 避難場所の分散実施、11月13日地震津波予想の防災訓練)
  •   ・備中支部(土砂災害 6月19日、7月15日、9月3日)
  •   ・愛媛支部(水防訓練 6月12日、地震訓練 11月7日)
  • (2) 福祉避難所(旭川敬老園、旭川荘療育・医療センター、ひだまり苑、
  •   南愛媛療育センター、せとうち旭川荘)の受入体制の強化

4. 障害福祉分野

  • (1) わかくさ学園を旭川学園に統合(4月〜)
  • (2) 望の丘ワークセンターを松山ワークセンターの分場化(4月〜)
  • (3) 愛育寮の地震に対する安全確保のための移転に伴う改修工事(5月31日完成)
  • (4) 就労支援事業における生産品の販路開拓
  •   ・布マスクの制作・販売
  •   ・荘内利用者、職員を対象に「”拡大版”昼の市」の開催(8月から毎月1回
  •    開催 祇園地区)、持ち帰り方法による「ひらたの市」の再開(9月から
  •    毎月1回 開催 ひらた支部)

5. 高齢者福祉分野

  • (1) 高齢の知的障害者の積極的受入れ(旭川敬老園 4名)
  • (2) 多職種協働による看取りへの積極的な取組みと家族支援(ひだまり苑 15件)
  • (3) 民生委員等との連携による包括的支援体制の強化(川上診療所 11回)
  • (4) 高齢者の摂食・嚥下機能の回復のため摂食機能療法の実施(北宇和病院 608件)
  • (5) 認知症カフェの開催(結びの杜ホーム 6回)
  •  

6. 児童福祉分野

  • (1) 受入れ児の増員(ひらたえがお保育園)
  • (2) 生活支援方法の標準化のための支援ガイドライン作成(津島児童学院)
  • (3) 「子どものこころ発達センター」との連携強化(バンビの家)
  • (4) 小規模グループケアによる家庭的養護の推進(旭川乳児院)

7. 医療福祉分野

  • (1) 南愛媛療育センター耐震建替え
  •   一部病棟解体工事(2〜6月)、本体建替工事(10月〜3年6月)
  • (2) 在宅障害児への訪問サービス提供体制の検討(療育・医療センター)
  • (3) 障害者のための人間ドックの実施(療育・医療センター ※休止中)

8. 地域医療分野

  • (1) 訪問診療、訪問看護による在宅医療の推進(川上診療所)
  • (2) 地域に密着した歯科診療の充実(川上歯科診療所)
  • (3) 難病患者のレスパイト受入など在宅生活の支援(北宇和病院)
  • (4) 北宇和病院の指定管理の更新

9. 教育・研修、研究分野

  • (1) 職員研修の充実
  •   ・新任職員研修等階層別、職能別、テーマ別研修
  •            (※ビデオ研修、Web方式による研修等 10回)
  • (2) 総合研究所の機能強化
  •   ・知的障害者を取り巻く認知症の実態調査の実施(日本財団助成金)
  •   ・令和3年度文科省科学研究費に申請(6件)
  •   ・研究者倫理講習会の開催(32名参加)
  •   ・「F・ナイチンゲール看護」に関する研修会の開催(6回 7名参加)
  •   ・第38回旭川荘医療福祉学会のWeb方式による開催(12月3〜4日)

10. 国際協力分野

  • (1) 岡山・上海障害児者絵画交流展の開催
  •            (11月24〜29日 天神山文化プラザ)
  • (2) 上海とのオンライン交流(白玉蘭賞受賞者交流会(9月29日 職員1名)、
  •   復旦大学の高齢者フォーラム(11月28日 職員3名)、さくら幼稚園
  •   (上海市)との発達障害児支援の協議(2月26日 職員2名))
  • (3) 海外介護人材の受入れ(ベトナム、ミャンマー、中国から正職員7名、留学生7名)
     

11. 文化芸術・スポーツ活動

  • (1) 旭川荘ミュージックアカデミーの活動(毎週土曜日 ※休止中)
  • (2) 「岡山・上海障害児者絵画交流展」開会式に演奏映像を提供
  • (3) 旭川荘アートギャラリーの活動
  •   ・第4回「きらぼし★アート展」出展
  •              (10月10〜31日 倉敷美観地区・加計美術館)
  •   ・作品の移動展示(岡崎嘉平太記念館、中国銀行、みずほ証券、トマト銀行)
  • (4) 障害者スポーツの振興
  •   ボッチャ普及のため小学校に利用者等が訪問(12月5日)、岡山県民第1回
  •   パラスポーツ大会(ボッチャ大会)に参加(3月20日 岡山コンベンション
  •   センター)
     

12. 地域公益活動

  • (1) 中山間地の経済的困窮者や社会的孤立者に対する状態悪化時の搬送及び
  •   見守り等の支援(川上診療所 70件)
  • (2) 地域交流「ふれあい農園」の開設に向けた取組み(祇園・南地区)
  • (3) 地域住民との交流の場「つどいのばフォレスト」の開設(ひらた支部)
  • (4) 親子交流・放課後の遊び場の提供、子育て相談(三世代交流センター、
  •   さくら児童館、みどり学園、津島児童学院)
  • (5) 小中学生の「福祉の職場見学・体験ツアー」受入
  •                (10月31日実施 たかはし障害者支援センター)

13. 環境福祉への取組み

  • (1) みどりのカーテンづくり(各施設)
  • (2) 中原川及び周辺の環境改善
  •   河川内清掃(月1回)、周辺部へのあじさい・レンギョウ等の植栽
        

    U 内部管理体制

  • 1 基本方針の制定(平成29年5月25日理事会)
  • 2 運用状況の概要
  •   経営に関する管理体制、リスク管理に関する体制、コンプライアンスに
  •   関する管理体制及び監査環境の整備に努めた。

 


    《参考》

    旭川荘の現況(令和3年4月1日現在)
    1 施設数及び利用定員
        区   分   施設数  利用定員(人)
       障害福祉分野    61     1,175人
       高齢福祉分野     8      342人
       児童福祉分野     5      205人
       医療福祉分野     9      693人
       教育・研修分野    3       −
       合  計      86     2,415人
       ※障害福祉分野 38のグループホーム(定員176人)を含む。
    2 職員数の状況
        2,113人(臨時職員を含む。)