旭川荘総合研究所 公的研究費等の不正使用等防止に関する取組み

 社会福祉法人 旭川荘 旭川荘総合研究所では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)を踏まえ、研究所における公的研究費等を適正に管理運営し不正使用等を防止するための体制整備等について、以下のような取組みを進めることとしました。

 なお、今後の運用を通じて、より実効性のあるものになるよう見直しを行い、よりよい体制整備等の構築等に努めてまいります。

1.機関内の責任体系の明確化

最高管理責任者
旭川荘総合研究所 所長
・組織全体を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負う。

統括管理責任者
旭川荘総合研究所 副所長
・最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限を持つ者。

コンプライアンス推進責任者
旭川荘事務局 事務局長
・公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ者。

監 査
旭川荘監査室

研究倫理教育責任者
旭川荘療育・医療センター 院長


 旭川荘総合研究所における公的研究費等の不正使用等防止対策の基本方針(PDF)

2.適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

●コンプライアンス教育

 公的研究費の運営・管理に関わる全ての構成員にコンプライアンス教育を行い、不正を行わないことなどを盛り込んだ誓約書を提出させる。誓約書の提出がない場合は、公的研究費の運営・管理に関わらせない。

●告発等の取扱、調査及び懲戒に関する規程の整備等及び運用の透明化

1. 研究活動上の不正行為、公的研究費等の不正使用等に係る告発窓口を設置するとともに、不正使用等に係る事案の調査等に関する規程を整備しています。

 公的研究費の運営・管理及び不正行為等に関する規程 (PDF)

 公的研究費の不正使用に係る調査に関する実施要綱(PDF)

 ※告発及び問合せ窓口はこちら。

2. 研究活動上の不正行為、公的研究費等の不正使用等を行った職員に対しては、旭川荘就業規程に則り処分等が行われます。

3.不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

●不正防止計画の策定

 令和2年度公的研究費の不正使用防止計画(PDF)

●不正防止計画の実施

  監査室により内部監査を行う。

 内部監査における監査項目及び項目ごとの点検事項 (PDF)

4.研究費の適正な運営・管理活動

●納入業者様へのお願い

 研究所と公的研究費による物品調達等の取引を行う際には、以下の「旭川荘総合研究所における調達に関する基本方針について」の記載事項にご注意ください。
 また、研究所との取引を行う際は、本基本方針等を遵守していただける企業(法人)等とのみ取引を行うことを前提とし、誓約書を提出くださるようご協力をお願いいたします。

 旭川荘総合研究所における調達に関する基本方針について(PDF)

 誓約書(取引業者様向け)(PDF)